toggle
2016-10-10

SNS写真のプロフィール写真・・・つらいですよね。

Pocket

tltkh_79511
大家さん片割れ、大下です。
こんにちは。

自分の写真を選ぶって・・・

最近のSNSって、プロフィール写真必須。
確かに、流し読みをする側からしたら写真とか絵とか、ビジュアルで人を特定できるのは助かる!
文字、文体だけでは読むまで誰が書いたかわからないですからね。

でも、初めてSNSのプロフィールにあげる写真を選んでいた時、わたしは心の中でこう思ったんです。

「自分の写真を人に『これが私です』って見せるなんて、恥ずかしすぎて死ぬ!!!

多分見た方は特に気にもしてないと思うのですが、自分の顔って自分で見ることはあまりありません。
鏡とか、ガラスが必要。
いつも一緒だけど、見慣れなさすぎる!!

自分に一人で突っ込みます。
「お前は芸能人気取りか!」

違いますー!
違いますー!わーん!!

表情がわざとらしくて怖い

私の話になりますが、私は自他共に(他、にもってすごくないですか(震))認める写真写りの悪イスト。
写真を撮られる時に、高確率で死んだ目をしています。(もしくは白目)

それならば・・・と最近はしかめっ面をして写ることにしました。
しかめっ面得意。
tlimg_4425

記念写真とかで自分の写真を見るのが辛いのって、静止してるからですよね。

静止してるからというか、なんだろ。
骨やら肉やらシワやらだけの画像というか。
いや、身も蓋もないのですが。

人って動くから魅力があるわけで。
表情があるから『その人らしい』魅力が爆発するわけで。

静止したところでその魅力を切り取るって、なかなか腕がいる話だと思うんです。

だからこそ、今回のイベントみたいな、ラフに動いて『撮り合う』ということを企画してみました。
自分がそれをされたかったからです!

だって、「はーい、撮りまーす!笑って〜!」って・・・笑えないっす!
表情筋がカッチコチですよ!

▼みんながこんな笑顔がすぐできるわけない・・・。
tlimg_5247

緊張するスタジオ、関係がまだ遠いカメラマンさんだったら逆に取れない絵、というのもありますよね。
友人が撮ってくれたスナップ写真の方が、糸目になっていても『自分っぽい』表情だったりします。

お仕事用であれば、お仕事ごとに求められている『印象』というのもありますが、SNSの写真で印象操作なんてしてたら、投稿する内容選ぶのも大変!
写真と自分が乖離していって、いいことはあまりないと思います。

用途によって、使う写真は変わってくる

参考までに私プロフィール写真を、用途と、表情。
伝わってくる印象が全然違うという参考にさらしまくります。
(サイズがバラバラなのはお許しを)

▼最初の頃のSNSプロフィール写真。
「わー!って声出すから、その瞬間撮って!」と知り合いに道端で依頼したもの。
楽しそうでしょ。
tl10441254_529683880464629_2080938970384798658_n

▼お仕事プロフィール写真用にプロの方にとっていただきました。
この時は『信頼を置ける人っぽく撮ってください』と言った気がします。
流石すぎる光の美しさ。

tl10868286_604731879626495_8697589252179821256_n

▼こちらも髪が伸びたのでプロの方に。
実はまさかの飲み会の席でしたが、ちゃんとライティングもしていただき、『ちゃんとした人度』がめちゃくちゃ増しています!

tl12374856_742671342499214_8555379479668686404_o

▼こちらは友人にインタビューをしてもらった時に撮っていただいたもの。
この表情、ものすごく私っぽいと好評です。
写真はプロではないのですが、人の本質を引き出すプロなので、この表情が切り取れたのだと。

tl13511998_836353496464331_6362104908650306367_n-2

▼友人のカメラマンと遊び(?)で撮った、『ろくろを回してそうな』私。
演じてる感はありますが、それでも自然。
ライティングしっかりしてるのではなく、お店の中です。すごい。

tltkh_76811

▼同じカメラマンの友人の盗撮です(笑)
現在Twitterのアイコンにもしてますが、ものすごく『自分っぽい』と納得!
友人からも「大下さん、こんな感じ!」と好評です。

tl14054518_866324956800518_8544562099195780918_o

さいごに

どうでしたか?
全部私ですが、切り取られ方、リラックスの仕方で全然印象違うのわかりました?

ちなみにアイキャッチの変なポーズも友人のカメラマンです。
自然でしょ。

今回のイベントではプロのカメラマンの方もお呼びしていますが、カメラが好き!人が撮りたい!
人が好き!カメラで切り取ってみたい!な方もご参加いただいています。

またね、古民家とか、海とか。
非日常の空間だからこそ、驚いたり楽しんだり、自然にいろんな表情を・・・する派目になると思います(笑)

自分のいろんな表情を知るって、自分の再発見。
「写真苦手!!!!!!!」という方こそ、楽しんでもらえると思いますよ!

ぜひ遊びに来てくださいね〜!

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です