toggle
2016-12-28

【レポ】野望の忘年会〜壷の中身はなんだろな〜 | 年末のご挨拶

Pocket

こんにちは。
新しい年がもうそこまで来ている、そわそわした雰囲気に包まれる2016年最後の数日。
みなさまいかがお過ごしですか?
友だちや仕事の仲間と、最後の忘年会に繰り出す…なんていう人も多いのではないでしょうか。

少し前の話になりますが、野望の商店街でもささやかな忘年会を開催しました。
野望の商店街が立ち上がった今年。まずは関わってくださったみなさんに感謝するとともに、「で、商店街に関わってみてどうYO」と本音をじっくりきいてみたい。

そんな思いで、これまで店主として一緒にイベントを立ち上げたり、深く関わってくださったみなさまと一緒に、テーブルを囲みました。
場所は、野望の商店街・店主の梅ちゃん(梅村 小百合さん)が運営するKitchen Bee

料理の救世主、あらわる!!

当初、大家さんズが慣れない腕(笑)をふるってのささやかな宴…になるはずでした。
…それがなんと、大人のたしなみ・遊び方を知り尽くした店主・日暮さんの粋な計らいにより、一流シェフをお招きしての豪華イタリアンディナーとなりました。日暮チカちゃんありがとう!!

おいでいただいたのは、一流レストランで腕を振るい、現在はフリーで出張シェフサービスなどでご活躍されている高野 恭一さん。
みてください、この料理の数々。これを高野シェフおひとりでぜーーんぶ、
Kitchen Beeで(下ごしらえをしてきていただいていましたが)つくっていただきました。

イタリアン
すごいよね、ほんとに。

%e4%bd%bf%e3%81%86_img_2555
こんなカナッペ、大家さんズにはぜったい無理でした。

%e4%bd%bf%e3%81%86_img_2559
ものすごいプリプリしたエビなど目にも楽しく食べて美味しい前菜たち。

%e4%bd%bf%e3%81%86_img_2562
牡蠣だけでも「うおーーー!」てなるのに、からすみがたっぷりかかってるのよ!奥さん。ヤダ!もう。

%e4%bd%bf%e3%81%86_img_2563
肉汁たっぷりのポークソテーにバジルソースが爽やかさを添えて。

他にもここに紹介しきれないくらいの品数でお出しいただきました。デザートも、とっても美味しかったです。感動!

…ちなみに、当日の料理やシェフ高野さんについては、Kitchen Beeのサイトにて詳細ご紹介いただいております。

壷の中身で、スキルをシャッフル!

美味しい食事ですっかり心が豊かになった私たち(食事ってだいじ)はさいごにひとつ、レクリエーションをやりました。

この忘年会のタイトルは『野望の忘年会〜壷の中身はなんだろな〜』でして、壷(に見立てた袋)の中に、ひとり1枚、自分のスキル・特徴を入れてもらい、シャッフル。

それをランダムに2つのグループに分けて、出たカードを組み合わせてどんなコト・場が生み出せるか考えよう!というものです。

%e4%bd%bf%e3%81%86_img_4611
こんな感じでそれぞれのカードがあわさり、いったい何ができるのか?をわいわい考えます。

%e3%81%93%e3%81%a3%e3%81%a1_img_2569
出たアイディアをその場でシェア。「”キャンプ”と”ワイン”と”バレエ”のカードを組み合わせて、グランピングのワインフェスにしたらいいんじゃないか。バレエ団もきてもらって」とかめちゃくちゃと思うコトも話してみると意外と広がったり。

ここで出たアイディアはあくまでもレクリエーションですが、野望の商店街はそうやって、人と人が掛け算できる場でありたいという思いは発足当初から変わらずあり、それを遊びながら感じられたらと思っています。

年末によせて 野望の商店街の誕生、そして…

ということで、本年は大変お世話になりました。

野望の商店街にご興味をお持ちいただきちょくちょく投稿を気にしてくださった方も、
知らないあいだに巻き込まれた方も、感謝の気持ちでいっぱいです。

実は、わたしたち。この年末は強力な仲間たちを迎えて、ああでもないこうでもないと企みを進めています。

この仲間たちの力を借りて、大家さんふたりでは出せないスピードと深さで、野望の商店街の輪郭をもっと太くして、いろんな人に立ち寄ってもらえる場にしていきたいと思っています。

そちらについては、また年始にあらためて、お話しをさせていただければと思います。
ぜひ、楽しみに、お待ちください。

そんなこんなで、来年もその先も、魅力的な場としてあり続けるよう仕掛けてまいりますので、大家さんを見かけたら、気軽に声をかけてください。

「あの、なんとか商店街って、アレなに?」と。

来年も、みなさまにとって、そして野望の商店街にとっても、野望いっぱいの年になりますように。

今年もまた、暮れてゆく東京にて。

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です