toggle
2017-02-24

【ご報告】お久しぶりです、野望の商店街、実は動いています。

Pocket

こんにちは、大家さんの家子です。
年始のご挨拶以来なので、お久しぶりですとでも言いましょうか。
豆をまいたりチョコを渡したり梅の花がほころんだり、忙しく季節は巡っていますね。

この間、静けさを保っていた野望の商店街でありますが、新年のご挨拶で少しお話しさせていただいたとおり、実は昨年末からずーっと、動いております。
休止したわけではありませんよー!
というより、2017年、より深く、より面白く、進化するために準備をしています。

なぜその準備に至ったかは新年の投稿に記載しておりますので、そちらをご覧くださいませ。

はい、こちらの投稿にもありますように、コミュニティを深く面白く進化させるために、大家さんと一緒にコミュニティの運営や企画をしていく仲間が増えました。
ここでそのメンバーを紹介させてください。
(昨年、野望の商店街を面白がってくださり、店主として一緒にイベントを立ち上げた経験から、大家さんが鼻息荒く「一緒にやろう」と口説いたおふたりです)

野望の商店街・運営メンバー

お一人目は、小俣 荘子(おまた しょうこ)さん。

第2回のイベントで「小商いを育てる達人」としてゲスト登壇してくださった小俣さん。副業解禁やリモートワークの推進など、時代は「小商い」です。実際、講師に執筆にと多方面でひっぱりだこの小俣さんですが、野望の商店街に早くから賛同してもらって、積極的に関わってくださっていました。小俣さんの「小さな野心を商いにしていく力」と、コミュニティ運営力は、野望の商店街のビジョンの実現への大きな推進力となってくれています。
★小俣 荘子さん officialwebsite

二人目は、西岡 亜希子(にしおか あきこ)さん

第2回のイベントで持ち込み企画のプレゼンターとして参加してくださった西岡さん。会社員として働きながらも、動画制作や作曲活動など精力的に好奇心の赴くままに活動をしています。本業はデザイナー、ディレクターとしてクリエイティブにも精通している西岡さんの「野望を形にする・表現する力」「会社と野望の両立」は、野望の商店街に大きなヒントを与えてくれています。
★西岡 亜希子さん instagram

special thanks:橋本 憲太郎さん
(巻き込まれつつ、いろんなアドバイスをくださいました!ありがとう)

ということで、そんな新たなメンバーとともに今取り組んでいる真っ最中のテーマが
「単発で終わらない、継続的な野望の実現」です。
つまり「どうしたらもっと、本気で野望の実現ができ、かつ参加して面白いコミュニティになるか」
ってことですね。

それをまー、喧々諤々、ずーっと昨年末から検討してきまして。
他のいろんな形態のコミュニティのケーススタディをやったりどんなコミュニティだったら自分が参加して楽しい・役立つかということをとことん深堀り、ひとつの「これじゃね?」という形態を見出すまでいったのが2月。
「とはいえ、やってみないと分からないよね」ってことでいろいろ試しながらやってみております。

オープンな実験をしていきます

春くらいまでは、その実験の過程をオープンにこの場でも共有していきますね。
「ほー、こんなことやろうとしてるんだ」という片鱗でも感じていただければ。
そして近いうちに、きちんと形にしてリリースする予定です。

とはいえ実験ですので、「やっぱり違ったかも!」ということもありえますので。
「楽しく前向きに野望を形にできる場」「心地よい内輪感と新鮮な学びのある場」にしていくという部分は妥協せずに追求していきます。

また、私たちだけで閉じているつもりもありませんので、「ねえねえ何してんの?」とお気軽にお声がけください。気がつけばあなたも一緒に場をつくっていたりして…(大家さんは虎視眈々とそんなタイミングを狙っておりますよ。笑)

ということで、今後は大家さん以外のメンバーからの実験結果の共有や日記やポエム(笑)の投稿もあるかと思いますので、楽しみにお待ちください。

さあさあ、2017年。楽しんでいきましょう!

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です