toggle
2017-03-31

【コミュニティができるまで:実験報告】フォーラムは丸裸にされて、本質を掴みに行く道場か?(フォーラム vol.2)

Pocket

こんにちは。
昨年末から運営に参加しています小俣です。
今日は私がお届けします。

前回の記事で家子さんが紹介した「野望のフォーラム」。

野望の商店街ブラッシュアップで行なっている実験です。
その第2弾の開催レポートをお届けします。

前回のレポはこちら。

フォーラムは「ひとが集まり知識や好奇心、アイディアの枝葉を広げる場」です。

1回3時間程度で
前半は1つのテーマについて知っていること・調べてきたことをアウトプット。
後半は、内省しつつ1人1人を徹底的に深掘りする。
というサイクルでまずはやってみています。

「プロフィール」について考えてみる!

今回のテーマは「プロフィール」。

前半は、それぞれが「良いな」と思うプロフィール(身近な人や著名人やニッチな方など様々でした)の紹介と、良いと思うポイント紹介、これまでに教わったプロフィールづくりのコツやポイントの情報共有。

プレゼンの仕方も人によって様々で、評価軸や面白がり軸(スペック、世界観、トーン・・・、何で引き込まれるのかってキャラクターやターゲットによって全然違う!!)ってこんなに多様なんだなぁとその違いを知ることができたのも大きな収穫でした。

セオリー通り書くのが良いケースもあれば、むしろ実績数字は邪魔!みたいなこともあったり。世界観によって軸を見極めるって重要ですね。

そして後半は、用意してきた自分のプロフィールを提示して、みんなから意見をもらう時間。

前半のみんなのアウトプットを聞いて、集中的に得たその情報も活用しながらコメントしていきます。

前半の内容とクロスすることで、普段の自分が考えだけでは出でこない気づきや意見が生まれる「THE みんなの集合知」という感じで、とても濃厚な時間でした。

しかも思いっきり自分ごとなので、フィードバックが都度めちゃめちゃズシンときましてね・・・。
終わった後の腑に落ち感と、やりきった感のある疲労感がすごかった(思いっきり運動した後みたい)。

一見完成されているプロフィールでも、響いてほしいターゲットにはまっていなかったり、自分に来る仕事と照らし合わせてみると(一致や不一致の)謎が解けたり。

プロフィールに関する内容の面白さもさることながら、人様のことは客観的に見られるのに、なんでこんなに自分のものを評価して最適化するのが難しいのか・・・・というところに大きな衝撃を受けました。

理解と実感の違いを身を以て知る体験。(震)

野望のフォーラムの醍醐味、中心にあるもの

1つのテーマでも人によって捉え方は様々。

前半は、知識を広げる時間であると同時に人のフィルターを通した世界を見られる体験ができるのがすごく興味深い。

「人それぞれ」なんて常識のようにいつも思っているけれど、実際に「こんなに違うんだ!」とか「何それ知らない!」っていう世界に触れられるとすごく奥行きが出るというか、世界がぐいんと広がる。

自分が今まで気に留めてこなかったことが気になるようになったり、新しい扉知っちゃったね!と嬉しくなる。(まさに枝葉が広がる感じ。)

後半は、自分の中身を丸裸される覚悟で挑んで、本質(中心にある軸みたいなもの)を掴みにいく作業の時間。

この作業、とっても恥ずかしくもあるけれど、お互い真剣。
思わぬ心の声が漏れても、もちろん誰も笑わない。

外側から相手を批評するんじゃなくて、当事者として気になることは指摘する。
課題に対して、どうやったら描く未来に近づけるか、すごい真剣に考え合う場。

今回の「プロフィールを見せ合って意見もらう」なんて、いわば公開処刑みたいなもので、見せる方も見せられた方も、お互いが本気同士じゃないとできないよね。
(安心してそれをできる場というのがすごい魅力だと思うんだ。)

あと、みんな言い訳しない、というのが一貫している。
「この未来が欲しいなら、これは認めなきゃね」と受け止める姿勢でいました。
インプットでもアウトプットでも、何かと向き合う時、照れが最大の敵なのかもしれない。

大人がカッコつけずに、真剣に向き合う時間。
人生に必要だと改めて強く思う機会でした。

終わった後はドっと疲れるけれど、充足感のある心地よい疲労感。
そして、手元には、次のアクションへのヒントが握られている。

「よし、やってみよう。」

そう思える。

そして、他のメンバーもに刺激されて自分の本気度も高まったり、思いっきりアクセルが踏める。

適度な距離感と外圧と、お互いへのリスペクトと。

コミュニティは、お互いが刺激しあったり化学反応を起こし会える道場のような場。
野望の商店街ならではの、道場の仕組みがより具体的に作り上げられるように、引き続きブラッシュアップしていきます!

どうぞお楽しみに!

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です