toggle
2017-04-02

野望の商店街にも春がきた!4.16『お花見×野点』白熱する企画会議をそのままレポート!

Pocket

こんにちは。家子です。きましたね、春。
どうですか?謳歌してますか?
え、花粉症でそれどころじゃない?
仕事が忙しくて毎年タクシーや電車から桜を愛でる程度だ?

わかります、お花見ってやりたいなと思っているうちにあっという間に散ってしまいますよね。そこで、野望の商店街では少し久しぶりとなるイベントを企画しました。
その名も『野望の商店街にも春がきた!4.16『お花見×野点』 @代々木公園』
イベントの詳細はこちらのイベントページをご覧ください。

上記のイベントページにも記載していますが、この野望の持ち主は、昨年「山の上で楽しむ、早めのクリスマスピクニック&コーヒー入門」で山の上をクリスマスコーディネートで一変させたグランピング・グルメの伝道師・伊東宏子さんと、浴衣や着物など和を日常に取り入れたイベントを成功させてきた、小俣荘子さん
この二人が「やりたい!やろうよ!」と意気投合し、生まれた企画です。まさに”店主がブロックチェーンのようにつながり新しいものを生み出す”野望の商店街を象徴するようなイベントなわけです。

そして今回は、企画者である伊東さんと小俣さんの企画会議(3/31)の企画会議に家子が潜入し、その模様をレポートいたします。ちなみにのっけからテンション高いです。ふたりともどんだけやりたかったの、この企画。


小俣 荘子
野望の商店街・運営者。
クラシノキカク代表。
神保町大学:「小商い」と「複業」の始め方 教授
好きな団子はこし餡がのったやつ


野望の商店街・店主。
グランピング・グルメの伝道師。
「山クリスマスパーティー」企画者
好きな団子はみたらし団子


家子 史穂
野望の商店街・運営者。
好きな団子はずんだ団子

屋外×お茶で、日常からショートトリップ


そもそもふたりとも、なんでお花見野点をそんなにもやりたかったの?


グランピング・グルメの伝道師としては(笑)、赤い敷物の上でお茶を点てたり、和なコーディネートでパーティをやってみたいのよ。通りすがりの外国人が思わず写真撮りたくなるようなね。


びっくりするくらい形から入ってるのね。でも見栄えって大事よね。


私もそうなの。赤い敷物…毛氈(もうせん)っていうんだけど、屋外でも使えるから、その上でお茶を点てて楽しみたいの。昔ながらの楽しいものを現代にもってくる架け橋的なことができたらいいなって。


あの赤いやつ、モウセンっていうんだね。そして確かに野点って歴史は古いものね。


そうそう。茶道って、元々はお殿様の道楽だから。昔の人たちも日本の四季を感じて季節を楽しんでいて、それって現代でも同じように楽しめるなぁって。季節のお菓子が出てきたり、参加者によって変わる趣向を楽しんだり。その世界観を楽しみながら、同時にこれまでお茶会に対する敷居が高かったひとも緊張せず楽しめる入門的な場がつくりたいっていうのは前から思ってて。
以前、お茶の先生がお茶席を持った時にお茶初めての友達を招待したことがあったんだけれど、「異世界でおもしろい」と言ってくれて。日常の中でのふっとショートトリップできるのがいいよね。


ショートトリップ!いいねー。


どれくらい本格的な感じにする?難しいことは無しで、点ったお茶を楽しむだけでも良いとは思うのだけれど…


せっかくやるなら、簡単でもいいから茶道のちょっとしたお作法は知りたいかも。これにはこういう意味があるっていうことを知りたいし、参加する側は楽しいと思う。


なるほどー!そうしたら、お茶会の時のお客様のお作法がちょっとわかるミニ講座みたいなのをちょっとやろうか!ちなみに今回は、お茶箱っていう、どこでも御点前ができるお茶のポータブルセットがあるのでそれを使おうと思ってます。


ラーメン屋の屋台をちっちゃくしたみたいなもん?


まあそんな感じかな。お湯で点てたほうがお茶も美味しいから、お湯の確保が課題かなぁ。


そこは任せて!バーナーはあるし、このあいだ山用の大きめな鍋を買ったから。今年は山でシチューしようと思って。


さすがグランピング・グルメの伝道師!なんか聞くたびにどんどん機材がリッチになってる。笑


お茶菓子どうする〜?
フォトジェニックなお団子とかいいじゃんねー!


山田屋まんじゅうとかいいかも。手も汚れないしなにより美味しい。何個もいけてしまう危険な和菓子なのですよ。あとはたねやの花見餅


むむむ!おいしそう…。これは当日までに予習が必要ですな。


いいね、私も予習するわ。笑 あと赤い敷物にはやっぱり和傘が必要かしら?


それもいいけど、木陰を傘に見立てるのはどう?茶道には自然の中にあるものを掛け軸にみたてることもあるから。


風流!


茶道のお作法ではたしか掛け軸も褒めるよね。


褒める褒める。笑


「風流なトラですね」とか。どうしよう掛け軸を褒めるボキャブラリーが足りない!


いいんですよ、思うままに話せば。笑

「お花見」をテーマに食材を持ち寄って、発想の違いを楽しむ


お茶会前のお花見の食べ物はどうする?


「私が考えるお花見」をテーマにみんなで持ち寄って、お重にきれいに盛りつけるのはどう?


このあいだの山コーヒー&山パーティー形式だね。ぜったい楽しいよそれ。


山でやったときも盛り上がったから。同じテーマなのに持ってくるものバラバラで「そうきたかー!」ってなるのが楽しいから。だから今回もそれはやりたい。スイーツもあればポテトフライもあり。和洋ミックスが面白いのよ。


お重の他に見栄えのする入れ物で竹とかあるといいかも。あけぼのがよく使ってる…


あけぼのって、あの相原勇の曙関?


相原勇!ぎゃはは古いよ!それが分かるアタシもアレだけど


あの、おかしの「あけぼの」ね…


ああ、あの豆大福の!失礼失礼!


あとドレスコード的なことどうする?和装ももちろんOKだよね。てか私は和装でくるかも。


オシャレしてくると気分があがるしね。「春の野点に相応しい格好」でテーマ決めるのはどう?


いいんじゃない、楽しそう。春っぽい服持ってたかな〜。


シンプルなシャツにお花のブローチをするだけでもいいと思う。


だんだん決まってきましたね。なんか終始テンション高いままだったですが、気合入ってる感じが伝わってきます。じゃあ最後に、当日を迎えるにあたってなにかひとこと。


え!もじもじ。急にかしこまっちゃう。春の楽しさを世界に発信したいな〜と思ってます。


日本の春を世界に発信できたらいいな〜。そうそう、秋になったら遊山箱をやりたいんだー!


えー!いいじゃん、なにそれなにそれ


これみてよ、NHKの『美の壷』を見ててさ…

…このあともしばらく遊山箱トークに花が咲きました。野望はつきないようで。

ご興味がある方は下記イベントページから。
※先着10名なのでお早めに

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です