toggle
2017-05-30

継続的に野望を育て、課題解決をしていく「フォーラム」のお知らせ

Pocket

こんにちは。大家さんズの家子です。
いつの間にやら夏の気配がすぐそこに。
そんな冷やし中華がはじまりそうな季節に野望の商店街からお知らせです。

野望の商店街では、山ピクニックや大人のフィールドワーク、お花見野点など色んな野望をイベントという形で実現してきましたが、単発の打ち上げ花火的な場だけではなく、継続的に野望を育てたり、自分自身の課題をアウトプットすることで成長につなげていく場を設け、イベントと両輪でまわしていくことにしてみました。
その名も「フォーラム」

昨年末から「リニューアルします!」と宣言し、七転八倒、ときには袋小路に迷いながらも、犬も歩けばコミュニティにぶつかる今の時代に、自分たちや自分たちの周りの友人知人にとって、どんな場だったら時間を使う価値があるのか?を徹底的に検証した中で見つけた形です。
これが、今の時点での大家さんズなりの答えです。

フォーラムとは?

この場は、いわば道場のようなもので、参加者は解決したい課題やブレストしたいこと(仕事に関することやプライベートなことなど何でもOK)を持ち込み参加者全員でブレストしつつ解決策を考え、実行していく場です。
ベースとなっているのは『ピア・メンタリング』という手法。
(参考)※Lifehackerさんの記事

実は既に今年あたまからテスト的に開催して手応えを得てきました。
(テストに参加してくださったみなさまありがとうー!)

特にフリーランスの身としては、成長機会の場を意図的に設けて行かないと取り残されてしまう危機感はあるものの、どうしても情報収集が自分のフィルターに偏ってしまうことに不満がありました。
そこで月2回でもこうして自分以外のフィルターに触れたり、あるいは相談できる場があることで結構思考の幅が広がります。
こういう場を強制的に持たないと目の前の仕事でスケジュールを埋めがちなので、それもまた良い刺激になっています。

どんな話が持ち込まれるかというと…

「名刺をリニューアルしたいのだけど、どう変えたらいいかブレストさせて&良いデザイナー知らない?」

「先週、佐々木俊尚さんの講演会に参加してきたのだけど、”ジャーナリズムの未来”についてこんな話があったから共有&議論させて」

「こんど仕事で●●についての記事を書く予定なのだけど、そのテーマでオススメの著名人や本などあれば知りたい」

「今度開催するワークショップの内容について、もっとブラッシュアップしたいから率直な感想ほしい」

…etc.

持ち込まれるテーマは人により違うけど、全員でブレストすると一気に広がる。
参加者の知恵や人脈を貸し借りできる場と言いますか。
そういう場って、コミュニティが乱立する今、抜け落ちた、でも大事で必要なものだと思うのです。

フォーラムをより楽しんでいただける人ってこんな人

知恵や人脈を貸し借りするので、信頼できる行動がとれる
 (連絡しっぱなしや雑な仕事の振り方をしない、とか)

自分でライスワーク(仕事)に還元させる価値を見出せる
 (あるいは見出してやるというスタンス。何かのプログラムが与えられる場ではないので)

相手の取り組みを面白がれるし、実現を応援できる

<追記>
「同じテーマを何度も持ち込んで良いの?」という質問がありましたが、良いんです!というか、そうやって中期的にお互いの経過と体験を共有することの方がフォーラムは有効だったりします。

直近の開催予定

Facebookページで最新の開催日時を更新しています。こちらからご確認ください。

ということで、月2回、上限6名で開催します。

参加費

500円+場所代(カフェの場合は各自の飲食代)

参加方法

ご興味がある方は、大家さんズ(大下千恵、家子史穂、小俣荘子)のいずれかにFacebookメッセージください
※まずは3名のいずれかの友人・知人・店主からスタートさせていきます

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です